Dear Monkey 西遊記

EDm8-DGVUAAh3h_.jpg
好きな漫画の話がしたい。そういう気分。
Dear Monkey 西遊記という漫画、久々に全巻読んだらぐあぁ~やべぇ~好きだ~と感情が高ぶってしまったので記事にします。ネタバレというネタバレは無いけど、全く知らない方に余計な情報を入れたくないから一応畳む。
ちなみに、あの赤松健先生が運営する「マンガ図書館Z」で全巻無料公開されてます。


Dear Monkey 西遊記、タイトルでわかる通り西遊記のお話ですね。世に数ある西遊記パロディの一つですな。
初版が2005年らしいけどそういや大体同時期?くらいにドラマの西遊記やってたなあ。

絵柄がポップでキュートで等身低めで、キャラクターデザインもギャグ調のサンデーとコロコロを足して割ったような感じなので硬派な西遊記! というわけではないんですが(セーラーバニー出るし)ギャグテイストの部分も勿論あるけどシリアスハードダークな設定だし締めるとこきちんと締めています。
物語の進み方も丁寧ですし、一話一話が非常に重厚で熱い場面も多々あるバトルアクション漫画。
表紙を見ればわかるだろうけど、世界観はガチガチの古代中国ではなく古代中国をベースに現代のアイテムや衣服、言葉が溢れてます。歴史パロ漫画にはよくあること。余談だけど、作者さんはこういったパロディ古代中国ものを描いていながら妙なところにリアリティーを求めるスタイルらしく、謎に好感度が上がった。

この漫画、お話は勿論面白いんだけどバトルシーンが読んでいてとにかく興奮します。
戦闘描写がかなり上手で線の描き方が丁寧なのでキャラの動きがわかりやすい。
紙媒体で読むとその迫力さが如実に伝わる。
あと、可愛い絵柄なのに残酷描写過多なのが描きたいものを描いているって感じで滅茶苦茶良い。
そう、結構ハードな設定なので血とか多量にブシャーッって出ます。なのでそういうのが苦手な人はちょっとアレかもしれない。エグい描写もちょいちょいある。とにかく容赦ない。好き。

本当に激アツな漫画なんだよな……
読みながら「うぐぉおお~……」って悶えたのは久々かもしらん。
3巻が滅茶苦茶大好き。

Dear Monkey 西遊記に出会ったの大人になってからだったので思春期の頃に出会いたかった……
泥臭い熱い話がいっとう好きだ……あ~~~ハッカイすき。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ