アイスソード千本打ち砕き

いろんな話題を雑多に好き勝手書きますよ。

雑記

ECzRHYAVUAAREm7.jpg
前のセーブデータから間隔開け過ぎですよアザゼルさん。
というわけで(?)、無事勝斗世代の遺言を聞いてきました。
諸々の感想は記事で具に書くとして、今は彼らの言葉を反芻しているところです。
遺言を聞き、「そういえばこれは俺屍だったな……」と改めて認識し、凄いゲームだなと感服致しました。生きてるなあ。

勝斗→如月に当主襲名したところで止めているので記憶が新しいうちに記事を書き溜めておこうと思います。如月世代がどうなるのかは皆目検討つかない。如月世代は、ひと月かふた月進めたら記事にしようかなと思います。のんびり進行。
とりあえず幕間漫画を描く準備に入ります。ひとつひとつはそんなに長くは無いとは思いますが如何せん死ぬほど遅筆なのでまたアホみたいに間が開きそうだ。いやわかんないけど。
8月中にはさすがに終わらないかなあ~……

なんかもう、ゲーム内で私の思ってる彼彼女らの像をそのまま応えてくれるとゲームやってんのか一人の人生を追ってるのかわからなくなってくるな。
いやまあ俺屍に関してはプレイヤーはプレイヤーだけど観測者みたいになってくるよな……みたいな。一族の歴史を後方から覗いてそれを文や絵にしたためてる観測者……伝記ロマン……

20周年

俺屍無印が20周年だそうで、おめでとうございます。
はじめてタイトルを知ったのは随分前で、その時は「なんかグロくてホラーものなんだろうな」と思い手を出していなかったんですよね。
でも、4,5年くらい前かな、ニコニコ動画のタグ検索で「ゲームエフェクト集」を漁ってたんですよね。その時に俺屍Rの交神台詞集みたいなのを見て「こんなゲームだったの!?」と興味を持ち、俺屍好きな友人に話したらソフトを貸していただけたのがはじまりでした。
それでプレイしてみると楽しくてあっという間にクリアしました。プレイ日記で何度か喋っている幻の一周目の話です。

幻の一周目(塩小路家)、天地一族をはじめる時に「キャラ付けとかしていなかったから誰が誰だかわからないまま終わった」とは言ってたんですが今でも覚えてる思い出は少しあるので大なり小なり一族はプレイヤーに生きた証を刻んでくれてるなと思いました。
モヒカンとナマズとハゲが大体一緒の世代に来たり、大江山越えた直後当時当主だった一族が最短命でそれまで世襲制だったのに一時的に別の家系に指輪を渡したり(姫子さんの顔グラ)、素質が伸び悩んでて正直言うとあまり強くなかった子の遺言が「ごめんなさい…」だったりと、意外と覚えているもんですね。
一周目の塩小路さん家、今プレイ日記つけたら面白いのが出来たかもしれないな・・・って思うけどあれはもう二度とこの世に生を受けることはないんだな……一期一会……

まあその後実況動画を観たりプレイ日記を読んだりしてガッツリ影響を受けこんにちに至るわけですね。
感謝するぜ お前と出会えた これまでの 全てに(ハンターハンター)

何周しても色んな楽しみ方があるので無限に遊べるんだろうなって思うんだけど、いつか言った通り三羽烏家でプレイ日記は終わります。本当は2家系とかプレイして記録をつけたい気持ちはあるんですが3回めともなると設定凝り固めすぎて絶対頓挫すると容易に想像がつくので三羽烏家で綺麗に終わる方が良いな……っていう。
2家系やるなら名前は藍棒 魂火(あいぼう こんび)だよねって考えてた。クソセンス。


話がちょっとズレちゃったけどとにかく20周年おめでとうございました。
頑張って三羽烏家悲願達成させます。

鶍屍

めちゃくちゃ好きな俺屍一族の話していい? いいよ。
ふつーにお友達のフォロワーの、いすかさんの一族なんだけどこれがもう凄く良くて。
鶍屍って言うんですけど。いすしか。
本当は「大海原家」さんですけれど、ついついいすしかって呼んでしまう。

家系図はこちらからで、
「#鶍屍」でツイッターで呟いていらっしゃってたんだけど、1026年からはタンブラーにまとめられています。
ハッシュタグから遡って読んだほうがわかりやすい。

以下ネタバレ有り感想

続きを読む

元ネタ

だから何? って話なんだけど、一応鹿丸政権時代の記事タイトルの元ネタ解説というか紹介を。
実は鹿丸時の記事タイトルはエロゲタイトルのパロディでした。やっぱりパロ元は言わないと駄目だよな…と思い記事にする。
一応当主ごとに記事タイトルの雰囲気は変えているんですか、このパロディが出来るの鹿丸くらいしかいねえだろ…って思って、しな~っとやってました。あと私が美少女ゲーム大好きマンだから…
多分分かる人は分かってた……と思う。
誰も見てない前提でこのブログ書いてるから許してほしい。以下元ネタ。

1020年4月 ハロー・猪鹿蝶!
→ハロー・レディ!
1020年5月 お前の首輪は何色だ!?
→お前のパンツは何色だ!?
1020年6月 骨と骨と骨の祭壇
→黒と黒と黒の祭壇
1020年7月 俺は太鼓持ちからはなれない
→彼女はオレから離れない
1020年8月 最上階の捨丸さん
→屋上の百合霊さん
1020年9月 愛しい指南書の捕り方
→愛しい対象の護り方
1020年10月 九線上の神々 
→G線上の魔王
1020年11月 アスミルノロイ
→ユメミルクスリ
1020年12月 枯れない呪いと終わる心
→枯れない世界と終わる花
1021年1月 時を紡ぐ矜持
→時を紡ぐ約束
1021年2月 交神0キロメートル
→恋愛0キロメートル
1021年3月 鹿丸くんちの交神事情
→倉野くんちのふたご事情
1021年4月 いでんしを教えて
→さよならを教えて
1021年5月 素晴らしき生涯
→素晴らしき日々~不連続存在~


誰得 俺得
一応、適当に片っ端からパロったわけではないです。一応。

一周目

4_20181107005453689.png
記憶が超おぼろげな一周目の、かろうじて写真が残ってる一族。
写真見ながらそういえばこんな人だった……って記憶を頼りに描いたけれど当時思ってたのと大分違うかもしれない。もう2,3年くらい前の話なのでなんとも、なんともです。
覚えてる一族は本当、プレイ記でも言ったとおり天地一族の最終メンバーと同じ顔グラ軍団なんですけど……
しかし本当、今から一周目をやりたい。やりたいけど彼らはもう二度と現れないんだな……って思うと悲しいし後悔の念。
いやまあ後悔があったから天地一族をはじめたわけなんですけれども……逆に言えば最初から妄想しながらプレイしていたら天地一族は顕現しなかったんだよな……って思うと良かったのか悪かったのか……神のみぞ知る。
何が良いとか悪いとかはないんですけど、あぁ~…あぁ~……ってなる。
どうでもいいけど、一周目は直感で名前を決めていたのでネーミングセンスの有りなしがバレバレであちゃ~って感じです。
双子の姉弟が産まれたから、安寿と厨子王にしようとか、髪が青いから蒼太郎とかね。ウーン(気絶)
一周目は、ハゲとモヒカンとナマズが近い世代に産まれたのがわりと伝説なところがある。一回プレイ記に写真を載せた事がありますね(山嵐誕生回)


仕事中に「俺屍は例えるなら白米でプレイヤーはおかずなんだよな~。何を合わせても美味しいんだよな~」って考えてたんだけど、改めて思うと意味がわからないな。
俺屍3周目を早くはじめたい気持ちがいっぱいあるんですけど、やる事がたくさんあるからそれを終わらせないといけない。
やりて~って気持ちがいっぱいありすぎてブログで発散させてる感じはある。